脱毛は何を基準に選べばいいの?

最近では成人女性の半数以上が脱毛経験があるそうです。
それくらい脱毛は手軽にできるようになってきました。

脱毛の主流となっているのは光脱毛とレーザー脱毛です。

エステで行われているのが光脱毛です。
エステの方が広告や宣伝を行っているので、見かけることも多いと思います。

光脱毛は、脱毛したい部位に光を当てます。
光は皮膚と通し、毛の元の黒い色素に反応します。
熱によって毛の元にダメージを与え、生えにくくするという方法です。

痛みはありますが、レーザー脱毛に比べると弱いと思います。
痛みの感じ方には個人差がありますが、少しチクッとする程度のものです。

そして光脱毛は一度で綺麗になるわけではありません。
毛の周期に合わせて2~3か月に1度のペースで通う必要があります。
回数や期間には個人差がありますが、2年弱ほどで完了します。

レーザー脱毛は医療機関で受けることができます。
美容皮膚科や美容外科などです。医療レーザー脱毛の原理は光脱毛と同じです。
しかし効果的なのは医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛の施術を行うのはもちろん医師です。
医師にしか扱うことのできない強い出力のレーザーを当てることができるため効果も高まります。
料金はエステより割高になりますが、回数や期間は少なく済みます。

そして、いずれの方法も永久脱毛ではありません。
一生一本も毛が生えてこないというわけではありません。

特に光脱毛は日本での実績が浅く、正確な脱毛データがありません。
数年したら元通りになってしまうケースもあるようです。

医療レーザー脱毛は生えてきたとしても産毛程度のものなので気にならないかもしれません。
脱毛効果に関しては個人差があるので、必ずというものはありません。

料金に関しては施設ごとで自由に決めることができるので差が出ます。
傾向としては、医療レーザー脱毛の方が割高になります。
しかしエステでも大手企業の場合には広告費に莫大な費用がかかるので、高額になる傾向があります。

そして脱毛によるトラブルもあるのが現状です。

脱毛は厚生労働省より医療行為と認められています。
それだけ危険も伴うということです。
場合によっては炎症や火傷になりかねないということを知っておかなければなりません。

エステでの光脱毛の場合、施術をするのに特別な資格は必要ありません。

もちろん施術するにあたり必要な研修は受けますが、
新人が行っていてもわかりませんし、その分トラブルも多いようです。

エステに比べると医療機関では、医師が施術をしてくれるので安心です。
万が一肌トラブルが起こった際にも適切な処置を受けることができます。

脱毛実績が多く、きちんと信頼のできる場所で脱毛してもらうのが大切です。
口コミや宣伝だけでは実際の状態はわかりません。

簡単に決めてしまうのではなく、実際に足を運んで、体験した上で決めるのが良いと思います。
百聞は一見に如かず、ご自身の目で確認してください。

大阪で脱毛施設を選ぶ基準を解説しているサイト
大阪には脱毛サロン・クリニックが豊富にあるので選び方を間違えると大きな痛手を被ることも。
失敗しない脱毛施設の選び方を解説しています。
www.hetero-gp.jp/